ママ活を行うことで遭遇するデメリットはありますか?

ママ活を行うことで遭遇するデメリットはありますか?

ママ活によりママからお小遣いを貰えることは嬉しい点ですが、少なからずデメリットがあるので事前に覚悟しておく必要があります。

しかし、デメリットはある程度事前に対策をしておくことで避けられることが分かっており、デメリットを管理出来れば一皮剥けた男性になれるはずです。

ママ活で得られるお小遣いにより金銭感覚が狂う

ママ活で得られるお小遣いの額は、ママから気に入られた場合には増額されるので、本業を上回る収入となってしまうことが珍しくありません。

一度手に入れたママからのお小遣いでリッチな気分を味わってしまうと、金銭感覚が狂って身の丈に合う生活を忘れてしまいがちです。

ポイントとなるのは、本業の収入だけで生活できているのか自分で管理しなければならない所にあります。

自己管理能力が高く自律を意識していれば、高額な支援をしてもらえるママであっても付き合えます。

ママから肉体関係を迫られて損害賠償請求を受ける可能性がある

ママ活で知り合ったママとの関係は、原則として食事やデートを行う所までに止めておく必要があります。

しかし、ママに気に入られた時に肉体関係を迫られてしまうと、お小遣いの多さだけでなく断ったら切られてしまうと考えて応じる男性が少なくありません。

ママが既婚者だった場合には、肉体関係を持った時点で不貞行為と見做されてママの配偶者からいつ損害賠償請求訴訟を提起されてもおかしくない状況に陥ります。

ママ活が原則として肉体関係なしとする点は、リスク回避の一貫だからです。

ママ活を行うメリットはどのようなものがありますか?

ママ活を行うメリットはどのようなものがありますか?

ママ活を行うことでママとデートを行った対価として、お小遣いを貰えて経済的に余裕が出るというメリットがあります。

しかし、実際には金銭的なメリットだけでなく、ママとの付き合い方次第では人脈つくりも可能です。

ママ活は多くの年上女性と知り合える

ママ活は必ずしも1人のママとだけ行うものではなく、ママから得られるお小遣いが目標額に届かなければ複数のママと付き合います。

付き合う人数の多さが、若い男性にとっては、社会勉強にも繋がるわけです。

女性への接し方を実体験で学べる

ママとのデートでは常に機嫌を損ねてしまわないように配慮が求められるので、同年代と同じ付き合い方をするとママ活は長続きしません。

一方、女性が何をすれば喜んでくれるのか適切なアドバイスを得られるので、今後の女性と接する機会で役立ちます。

恋愛経験が豊富なママからのアドバイスは、年上女性に可愛がってもらえる方法を学ぶ機会に繋がり、ママに甘えることができればさらにママの人数を増やせます。

生活水準が上の人達の世界を見られる

ママ活でデートをする際の費用はママが持ってくれるので、原則としてママがデート内容を全てリードします。

普段は行かない銘店をしっている年上女性だからこそ、経済的に余裕がありハイグレードなレストランやショッピングを経験するチャンスです。

生活水準が異なる人達が集う場所へ連れて行ってもらえる可能性があるので、人脈つくりにも役立ちます。

基点=ママ活サイト

ママ活のメリット・デメリットを学ぶ
タイトルとURLをコピーしました