プロベラ

不妊治療にも使われるプロベラなどのようなホルモン剤の副作用をきちんと理解しよう

    

あらゆる病気の治療や、体質改善の為にも用いられるホルモン剤ですが、もちろん不妊治療にも役立ちます。医師の監督のもと、無排卵月経や無月経の人にも効果的な方法であり、体温や周期などをみて薬を投与します。内服薬と注射のタイプがあり、どちらが自分に合っているか相談する必要があります。

クロミッドまたはクロフェミンと呼ばれる誘発剤は排卵をしていない場合に処方される最も基本的な薬です。錠剤で服用しますが、効果が表れない場合には再度の投与、または注射での投与といった流れが一般的であるようです。なぜ妊娠しにくいか、といった答えに関しては本当にひとそれぞれであり、生理が不順であるためタイミングが合わない場合、タイミングは合っていたとしてもなかなか精子が卵子に着床しない場合など様々です。

こういった悩みを解決すべく、個々にあった治療の方法が沢山用意されていますが、副作用もあるということは理解しなくてはなりません。まず一番には排卵誘発剤を使用すると多胎妊娠をする可能性がぐんとあがるという点です。双子の妊娠に関して嬉しいと感じる人もいればこれからの育児を考えて負担に考えてしまうという人も少なくないでしょう。

折角不妊治療までして授かった待望の子供を双子であったからといって負担に感じてしまうのは悲しいものです。治療を始めるにあたっては、そういったこともあるということを念頭に置いておくべきであるといえるでしょう。また、これらのホルモン剤や誘発剤の投与は体調にも大きく作用します。

喉が渇きやすい、吐き気、めまいなど様々ですが、体調を大きく左右するホルモンの量が変わるわけですから当然といえば当然です。立ち仕事や接客業など休めない仕事をしている場合、治療中は親しい同僚に事情を説明するなどし、できるだけ体調面でもサポートしてもらうことが大切です。