プロベラ

プロベラなどのホルモン剤に含まれているテストステロンがもたらすメリットとデメリットを理解しよう

    

ホルモン剤の使用方法として増えているのが、体作りです。特にゲイの人にとっては理想の男性像を追い求める傾向も強く、ステロイド剤を使用することは珍しいことではなくなってきています。ゲイに限らず、海外では筋肉がデキる男の象徴とみなされることも多いことから、筋肉トレーニングは欠かせないものとなっています。

その証拠に、アメリカでは街中にジムが溢れ公園ではランニングをする人を多く見かけ、昇進する人の多くがたくましい肢体を持ち合わせています。この考え方が日本にも輸入され、筋肉質な体を追い求める傾向は年々強くなっているようです。人気歌手グループなどを見てもわかるように、王子様のような美形で女性的な男性よりも、男性らしく筋肉質なタイプが求められる時代となってきたのかもしれません。

このことを代表するベストボディと呼ばれるイベントを、とあるマッチョ芸能人が開催したことやSNSの効果も手伝い、手軽に筋肉を手に入れる方法を世の男性は模索するようになりました。もちろん、立派な筋肉を造成するためには食生活やハードなトレーニングは不可欠です。

しかしながらそこにホルモン剤の力を借りることで、テストステロンという物質を発生させより効果的に筋肉を増強させるという方法が周知されるようになったのです。効果的なホルモン剤の投与によって、魅力的な体を持つ男性は増えつつありますが、男性ホルモンの増加にはデメリットも存在することを認知しなくてはなりません。

プロベラなどのホルモン剤に含まれているテストステロンがもたらすメリットとデメリットを理解しよう

たとえば体毛増加や、頭髪の後退などがその例ですが、性格的にも闘争本能や孤独願望が強くなる傾向があるため、温和な部分が長所であった男性にとってはマイナスになる部分もあるかもしれません。ホルモンは見た目のみならず性格にも影響が出るということを覚えておきましょう。

外部資料=プロベラ錠の個人輸入・海外通販ならTOP http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/provera10mg.html

ホルモン剤を注射してもらう方法とはどのようなものなのか

ホルモン剤の取り入れ方というものもさまざまありますが、注射というアプローチがあるのはご存知の方もいらっしゃるでしょう。そして、さまざまな事由から「注射を受けたい」と考える方もまたおいでのことでしょう。では、今回は注射を受ける方法などについて考えていきましょう。

投与可能な場所について

注射ですから、当然ながら「医療機関」ということになります。一般的に婦人科が多いとは思いますが、内科もしくは性同一性障害の方であれば専門クリニックなどでも注射が可能となっているのです。それぞれの症状にあわせた診療科を選んでいくと良いでしょう。

医療機関であれば注射が受けられるのか

ここで覚えておきたいことが「ホルモン注射は治療として行われるもの」ということです。これがどのような意味をさすのかというと、注射をしたいと考える場合には必ず医師により診断が必要だという事になるのです。ですから、100%の確立で医療機関にいけば注射が可能だというわけではないのです。

医療機関であれば注射が受けられるのか

そちらの認識をまずは持っていただきたいと思います。それと同時に、副作用などが現れるか可能性も考えなくてはなりません。そして副作用に関する説明もしっかりと受け、それらに納得した上で施術に挑むようにしましょう。

まずは医師との相談を

注射をしたいという希望を伝えていただいてももちろん構わないのですが、まずは「相談をする」ということを第一段階と考え、自らの症状・状態に本当に注射が有効的であるか否かを診断することの重要性も覚えておくとよいでしょう。その上で実際に適切な施術をうけていくことが、状態の向上・改善へとつながるのです。

医師によっても診断が若干異なってくるという場合もありますので、いくつかの医療機関にて相談をしてみるのもおすすめです。